塾講師の採用試験基準

塾講師の採用試験の基準とはどのようなものなのでしょうか?塾講師の採用試験の基準に関しては、ほとんどのところが経験が無くてもできるため、気にしなくても問題ありません。
年齢に関しても多くの人が若いですが、これも制限はありません。
高報酬を期待するには、もちろん経験が必要になります。


では、経験がない場合には、どのような人が適しているのでしょうか?度胸と大きな声があれば仕事をしていくにつれてスキルは基本的にマスターできますが、誠実さがあるような人が適しています。
できるだけ勉強を分かりやすく、工夫を自分なりに行うことが大事です。
また、修正スキルのあるような人が適しています。
この二つがあると、カリキュラムの内容を工夫し、理解しにくい箇所は修正することによって、スキルが講師としてアップしていきます。


さらに、向上心があるような人が適しています。
塾は数字や結果に対して厳しい世界です。
学校以外でお金を払って子供に勉強をさせている親の立場からすると、成績がアップしないと意味が全くありません。
仕事の期間が塾で長くなってくると、このところは相当大事になってきます。


また、即戦力も要求されます。
志望校への合格実績や成績アップの実績など、はっきり結果や数字として分かるような実績が要求されてきます。
経験が無い人は人柄、経験がある人はやはり実績が大事です。
ここでは、要求されるレベル、筆記試験の科目の数、模擬授業がある、についてご紹介します。




Copyright © 2014 塾講師の採用試験マニュアル All Rights Reserved.